MW様邸(新潟市東区中木戸)

コンセプト

■広がり間取り

 天井高さと素材で空間にメリハリをつけました。天井をあえて低くすることにより、勾配天井が際立って、広がりが感じられるようになります。元のキッチンだったスペースは、リノベーションにより主寝室になっています。

■日中でも暗かった空間を明るく快適に

 ダイニングキッチンに天窓を取付け、小さな天窓から、明るい光が入るようになり、日中は照明いらずになりました。東面からの光も積極的に採り入れています。光を通す素材で玄関からの光をリビングに取り入れ、ニッチにもなっています。

■捨てない-Reユース

 既存の住宅で残せるものは残し、出来るだけ再利用しました。キッチンや建具は、表面の材料を室内の仕上げに合わせて統一感を出しました。本来捨てるはずだったものが生まれ変わって長く使われていきます。
 捨てないことにより、当初予定していた産業廃棄物が半減し、その分コスト面でもメリットとなり、結果的に環境に対して負荷が少ないリノベーションとなりました。


ビフォー
アフター